すべてのサービスにマーケティングリサーチの光を。当社は市場調査の専門機関です。

消費者セグメンテーションの方法

例:デザインに関する分析
デザインの好みでユーザーをグルーピングするため、数量化Ⅲ類、クラスター分析を行った。

ステップ1:数量化Ⅲ類によるデザイン『軸』の抽出
好みのデザインのイメージキーワードについて、2つの軸が抽出された。
 第1軸は、「重厚」⇔「軽薄」分別軸。「力強い」「重厚な」などのワードで代表される重厚なデザインへの好みと、「ポップ」「キュート」などのワードで代表される軽薄、軽快なデザインへの好みに分けられる。
 第2軸は、「不易」⇔「流行」分別軸。「伝統的」「オーソドックス」などのワードで代表される 保守的で普遍的なデザインへの好みと、「斬新」「ポップ」「セクシー」などのワードで代表される新しく革新的なデザインへの好みに分けられる。

ステップ2:性別・年代による好みのデザイン特徴
抽出された2軸のマップ上に、回答者の性・年代の重心をマッピングすると、下表の通りとなった。
 ・10代後半から40代にかけての変化をみると、若い世代は「流行」「軽薄」なデザインを好み、年代が上がるとともに「不易」「重厚」へと移行している。
 ・男性は「重厚」「不易」、女性は「軽薄」「流行」よりに位置づけられる。

ステップ3:デザインの好みによるクラスター作成
回答者の数量化3類によるサンプルスコアをもとにサンプル階層クラスターを作成した。
最大のクラスターG1は全体の36%を占め、最小のクラスターG5は2%である。

カテゴリスコアによる2次元マップ上に5クラスターをマッピングした。各グループの特徴は下記の通りである。

 

G1:ハイセンス系:主に「シンプル」「洗練された」「上品」などのワードで表されるデザインを好む。流行⇔不易、重厚⇔軽薄いずれにも偏らない最大のクラスター。

G2:オーソドックス系: 「落ち着いた」 「ナチュラル」「オーソドックス」などのワードで表される、保守的でオーソドックスなデザインを好むクラスター。

G3:カジュアル系: 「ポップ」 「キュート」「かわいい」などのワードで表される軽快でカジュアルなデザインを好むクラスター。

G4:クール系: 「先進的」 「都会的」「クール」「シンプル」などのワードで表されるスマートで新しさ感のあるデザインを好むクラスター。

G5:ハード系:「力強い」「質感のある」などのワードで表されるデザインを好む。クラスター規模はもっとも小さい。

◆概算価格表

解析費用は概算下表の通りです。ただし、分析テーマや調査内容等により異なりますので、案件ごとご相談ください。

解析データ処理費
数量化Ⅰ~Ⅲ類 10~20万円
クラスター分析
コレスポンデンス分析
重回帰分析
PSM分析

   10万円

一対比較法
レポート作成
 A4 ~20ページ    15万円
 A4   ~40ページ    30万円

アンケート調査を企画中の方へ

調査検討にあたり、お悩みはありませんか。もし調査に疑問やご懸案事項などがありましたら、お気軽にメッセージをお送りください。
弊社でお答えできる範囲になりますが、ご返信いたします。



お店の顧客満足度アンケート開設キャンペーン実施中

ただ今、お店の顧客満足度アンケートキャンペーン実施中です。ぜひご利用ください!

What's New

展示会やセミナーでタブレットやノートPCを使ったアンケート調査や、調査員が直接聞き取りを行うインタビュー調査など多数実施しています。これからの展示会シーズンに向けて、マーケティング調査の一環として、お気軽にご相談ください。

個人情報の取扱いについて

当社の個人情報保護についての詳細はこちらからご確認ください。